Login
Arrow
Arrow
Slider

業績紹介
このページでは、当研究所が関係させていただいた雑誌発表および学会発表等についてご紹介させて頂いています。

共著とさせていただいた発表で、記載もれがございましたら、恐れ入りますがご一報いただけると助かります。

1997年

本山光博、吉田淳、神山洋、荒木康久: 精巣内精子顕微授精(TESE-ICSI)の治療経験 栃木県産婦人科医報 (1997) 24:85-86

荒木康久、吉田淳、神山洋、本山光博: FISHによる47,XYYおよび46,XY/47,XXY患者の精子染色体の分析 栃木県産婦人科医報 (1997) 24:109-110

佐久本哲郎、神谷仁、稲福薫、本山光博、荒木康久、荒木重雄: GIFTはなぜ妊娠率が高いのか 臨床婦人科産科 (1997) 51:66-70

荒木康久、荒木重雄: 精子の形態と精子形成 臨床婦人科産科 (1997) 51:1150-1153