Login
Arrow
Arrow
Slider

業績紹介
このページでは、当研究所が関係させていただいた雑誌発表および学会発表等についてご紹介させて頂いています。

共著とさせていただいた発表で、記載もれがございましたら、恐れ入りますがご一報いただけると助かります。

1995年

本山光博、荒木康久、吉田淳: 産婦人科医療における染色体検査の意義:特に不妊・不育症を中心に 栃木県産婦人科医報 (1995) 22:85-86

荒木康久、本山光博、荒木重雄: レーザーによる顕微授精 臨床婦人科産科 (1995) 49:1155-1159

荒木康久、本山光博、吉田淳、青柳智子、真島恵子: 射精未熟精子を用いた顕微受精の試み 栃木県産婦人科医報 (1995) 22:134-136

本山光博、荒木康久、吉田淳、園山政行: 不妊・不育症の診断における染色体検査の意義 栃木県産婦人科医報 (1995) 22:131-133

荒木康久、本山光博、吉田淳: 精巣から採取した未成熟精子による顕微授精 栃木県産婦人科医報 (1995) 22:14-16

1994年

荒木康久、林明美、青柳智子、本山光博、吉田淳、出居貞義、荒木重雄: 精子先体反応率を指標とした体外受精後の良好胚の評価 栃木県産婦人科医報 (1994) 21:16-20

本山光博、木谷保、鈴木香織、真島恵子、荒木康久、佐山雅昭、荒木重雄: 体外受精・GIFT療法の適応拡大の工夫:特にマイクロマニピュレーションを利用して 栃木県産婦人科医報 (1994) 21:21-26