Login

業績紹介
このページでは、当研究所が関係させていただいた雑誌発表および学会発表等についてご紹介させて頂いています。

共著とさせていただいた発表で、記載もれがございましたら、恐れ入りますがご一報いただけると助かります。

2011年

土信田雅一、戸屋真由美、荒木康久、京野廣一: 単一胚移植から発生した2絨毛膜2羊膜性双胎 日本受精着床学会雑誌 (2011) 28:165-168

畠山将太、小野原千恵、徳岡晋、荒木泰行、荒木康久: Assisted hatchingされた凍結・融解胚盤胞の移植時状態(脱出完了、脱出中、未脱出)と妊娠率の関係 日本受精着床学会雑誌 (2011) 28:85-89

高度生殖医療技術研究所: ヒト精液検査と手技 WHOラボマニュアル第5版翻訳 自主出版 (2011) :

菅原延夫、間野目智美、前田真知子、関隆宏、永井利絵、小池数与、荒木康久: 抗精子抗体(イムノビーズテスト陽性及び精子不動化試験陽性)保有者の妊娠獲得率 日本受精着床学会雑誌 (2011) 28:339-343

菅原延夫、福地秀行、前田真知子、駒場理恵、荒木康久: 単一胚移植にもかかわらず、異性の双胎妊娠になった2例 産婦人科の実際 第60巻 第9号 (2011) :1389-1391

徳岡晋、畠山将太、荒木泰行、荒木康久、芥川修、九布白兼行: 出血傾向を伴う常染色体遺伝病von Willerbrand病患者に対する体外受精で妊娠成立し分娩に至った一例 日本受精着床学会雑誌 (2011) 28:114-117

清水敏夫、金本 淳、宮川恭一、本道隆明、加藤 清、武田 哲、渡邉貴之、西村良平、木村 薫、荒木康久: 楕円形胚の質は通常の円形胚よりやや劣る 日本受精着床学会雑誌 (2011) 28:383-386