Login
Arrow
Arrow
Slider

業績紹介
このページでは、当研究所が関係させていただいた雑誌発表および学会発表等についてご紹介させて頂いています。

共著とさせていただいた発表で、記載もれがございましたら、恐れ入りますがご一報いただけると助かります。

2006年

荒木泰行、吉澤緑、荒木康久: マウス卵子紡錘体Time-lapse観察の試み 第134回 (2006) :

前田真知子、駒場理恵、菅原延夫、徳永葉、荒木康久: キメラ(46,XX/46,XY)男性の再凍結?融解精巣精子を用いたICSIによる第2児妊娠成功例 第24回 (2006) 日本受精着床学会:

横田佳昌、横田美賀子、浅野目和広、佐藤節子、石川恭子、槙田まさみ、浅田照美、坂本浩子、荒木康久: 受精障害例にCaイオノフォアで卵活性化を惹起し妊娠した1症例 群馬県産婦人科医会誌 (2006) 14:19-24

熊迫陽子、那須恵、佐藤晶子、佐藤千賀子、城戸京子、平井香里、大津英子、長木美幸、宇津宮隆史、荒木康久: 再凍結胚移植の有効性に関する検討 第24回 (2006) 日本受精着床学会:

荒木康久: ARTラボから不妊治療への提言 産婦人科治療「不妊治療実践的アプローチ」 (2006) 93:305-309

荒木康久: ARTにおけるエンブリオロジストの役割 臨床婦人科産科 (2006) 60:37-39

荒木康久: エンブリオロジストの役割と資格 永井書店(pp)61-63 (2006) :61-63

吉田仁秋、青野展也、大宮由紀、加茂野倫子、高橋千春、菊池裕幸、荒木康久: OHSSハイリスク症例に対してGnRH antagonist-GnRH agonist flareを利用したOHSS発症予防/妊娠の成功例 第24回 (2006) 日本受精着床学会:

中澤照喜、木佐木博、荒木康久、荒木宏昌: 培養液、オイルの組成 永井書店 (2006) :132-139

吉田仁秋、青野展也、大宮由紀、加茂野倫子、高橋千春、菊池裕幸、荒木康久: 当院における40歳以上のART治療成績の比較検討 第24回 (2006) 日本受精着床学会:

菅原延夫、前田真知子、駒場理恵、荒木康久: 卵細胞質内精子注入(ICSI)施行前の第一極体の形態評価と胚の質、フラグメント、妊娠率との相関 日本受精着床学会雑誌 (2006) 23:153-156

菅原延夫、前田真知子、駒場理恵、荒木康久: 新鮮初期胚における3胚移植から2胚移植に移行した場合の臨床成績の差異 日本受精着床学会雑誌 (2006) 23:234-238

荒木泰行: 受精率を予測するヒト精子精子注入マウス卵テストは有用か? 第24回 (2006) :

横田佳昌、横田美賀子、横田英巳、槙田まさみ、佐藤節子、荒木康久: 体外受精反復不成功例に対するエストロゲン跳ね返り現象とGnRHアゴニストのフレアを利用した新しい治療法の試み 日本受精着床学会雑誌 (2006) 23:108-112

佐藤節子、槙田まさみ、浅田照美、石川恭子、横田美賀子、横田英巳、横田佳昌、荒木康久: 人為的卵活性化は形態不良胚に有効か 第24回 (2006) 日本受精着床学会: