Login

業績紹介
このページでは、当研究所が関係させていただいた雑誌発表および学会発表等についてご紹介させて頂いています。

共著とさせていただいた発表で、記載もれがございましたら、恐れ入りますがご一報いただけると助かります。

2003年

佐藤千賀子 宇津宮隆史 熊迫陽子 楢原久司 宮川勇生 溝口洋一 荒木康久: ヒト妊娠初期の脱落膜におけるIL-8,MCP-1の産生:正常妊娠と自然流産の比較 第48回 (2003) 日本不妊学会学術講演会:

公文麻美 熊迫陽子 宇津宮隆史 荒木康久: ストローを用いた安全な前核期胚vitrificationの検討 第21回 (2003) 日本受精着床学会:

公文麻美、熊迫洋子、宇津宮隆史、荒木康久: マウス前核期胚を用いた感染防止のためのストロー法によるvitrification検討 臨床婦人科産科 (2003) 57:1571-1575

荒木泰行、吉澤緑、荒木康久: 除核マウス卵子を用いたヒト精子染色体標本作製の試み 第4回 (2003) :

熊迫洋子、公文麻美、宇津宮隆史、荒木康久: 感染防止のためのストローを用いた前核期胚vitrification法による妊娠成功について 臨床婦人科産科 (2003) 57:1576-1579

横田佳昌、横田美賀子、横田英巳、佐藤節子: ART反復不成功例に対して新しい治療を試み妊娠した2例 群馬県産婦人科医会誌 (2003) 11:25-29

荒木康久: ARTは胎児奇形を増加させるか? 臨床婦人科産科 (2003) 57:1427-1431

横田佳昌 横田美賀子 横田英巳 佐藤節子 荒木康久: Estrogen-reboundとGnRH-aを併用した新しい卵巣刺激法ーART反復不成功例への応用ー 第48回 (2003) 日本不妊学会学術講演会:

友永 寛、荒木康久、宇津宮隆史: ガラス化凍結Hamster Oocyteはハムスターテストに応用可能か? 日本受精着床学会雑誌 (2003) 20:122-125

平井香里、佐藤晶子、長木美幸、荒木康久、宇津宮隆史: Implantation windowを考慮したVitrification凍結融解法の検討 日本受精着床学会雑誌 (2003) 20:75-77

平井香里、宇津宮隆史、荒木康久: 新しく開発された培養液HFF99のヒト体外受精への臨床応用 日本不妊学会雑誌 (2003) 48:17-22

大津英子 城戸京子 宇津宮隆史 荒木康久: 体外受精による体外培養期間と流産組織染色体異常の関係 第48回 (2003) 日本不妊学会学術講演会:

佐藤晶子、大津英子、長木美幸、宇津宮隆史、荒木康久: 体外受精において生じた大型1前核を持つ異常受精胚(1PN)の胚盤胞到達率とその染色体核型について 日本不妊学会雑誌 (2003) 48:33-39

長木美幸、宇津宮隆史、荒木康久: 体外受精反復無効例に対するhatching stage胚移植の試み 日本不妊学会雑誌 (2003) 48:27-32

熊迫陽子、宇津宮隆史、阿部宏之、荒木康久: 不妊因子が卵管上皮細胞の培養に与える影響 日本不妊学会雑誌 (2003) 48:41-47

城戸京子、長木美幸、荒木康久、宇津宮隆史: 男性因子以外の不妊原因におけるICSIの有用性 日本受精着床学会雑誌 (2003) 20:156-158